PERFORMANCE AND STRUCTURE性能と構造

ハイブリット工法HYBRID

軸組み工法×面の強さ ハイブリット工法


従来の在来軸組工法に、ツーバイフォー工法の面の強度を併せ持ったハイブリット工法。 構造用耐力面材(nobopan STPⅡ)を貼りつけることで、地震や台風で掛かる外力を面全体へ分散させます。 地震の揺れによる力の流れを一部に集中させないことで、耐震性を高め、安定した強度を保ち続けることができます。 nobopan STPⅡは木造軸組工法(大壁)で2.9倍、枠組壁工法で4.7倍という高い壁倍率を取得。 パーティクルボードの特性を活かすことで、地震や台風に強い家をつくることができます。

選択の幅が広がる

nobopan STPⅡは、壁倍率が高いので設計の自由度が増します。 リビングを広く設計したり窓を大きくするなどの可能性が広がります。

高い耐水性脳

nobopan STPⅡは、耐水性の高い接着剤を使用しており、水に強い構造になっています。 水の侵入を抑制することで、吸水による厚さの膨張を極めて小さくしました。

地球にも人にも優しい

novopan STPⅡは、廃木材。未利用木材を主原料としたリサイクル商品です。 使わなくなった木材製品や未利用木材を粉砕・チップ化し、novopan STPⅡに再生しています。

お問い合わせCONTACT

ご依頼やご相談など、弊社へのお問い合わせこちらから

電話でお問い合わせ

0120-300-34410:00~18:00(火・水曜日定休日)

WEBで資料請求

申し込みはこちら