岡山・倉敷・笠岡方面で注文住宅、新築、一戸建てなら「株式会社ひのき住宅」にお任せください! 土地探しから、マイホームづくりをサポートいたします。

株式会社 ひのき住宅

住まいのこと「ひのき住宅」にご相談ください!
TEL.0120-300-344

カタログ請求
家づくり診断テスト

更新情報・お知らせ

岡住

ひのき住宅 Facebook

ひのき住宅 Instagram

ひのき住宅 社員ブログ

ひのきコラム|ひのきのここがきになる

ひのき住宅の社員がつづるコラムです。日常生活から倉敷のイベント・お店まで身近な話題をつづっています。

建物に作用する荷重の話

2019年09月12日

工務の楠戸です。
まだまだ暑い日が続きますが皆様いかがお過ごしですか?

先日は非常に強い台風15号が関東に上陸しました。
風で屋根が飛んだり、鉄塔や足場が倒れたり、飛来物により
窓ガラスや外壁が割れたりと大きな爪痕を残しました。

私達は台風が発生すると毎日進路、
大きさ等を確認し前もって全現場の養生、確認をします。
それと、我が家の養生も・・・

190912_ブログ_01.jpg

190912_ブログ_02.jpg

樹齢50年の桜の木の倒壊養生です。
ロープで引っ張っているだけで揺れが全然違います。
毎年の事なので結構大変なのですが「備えあれば憂いなし」です。

さて建物に作用する荷重(力)ですが
【風圧力】
台風や暴風などで建物が受ける力です。
風上の壁には押す力が、風下には引く力が作用します。
屋根には押し上げる力が作用します。
【地震力】
地震で地面が揺れることによって建物にかかる力です。
建物が重いほど、高いほど地震の影響は大きくなります。
【固定荷重】
建物そのものの重量です。
【積載荷重】
建物に持ち込まれたもの、住む人の重量です。
【積雪荷重】
屋根勾配、形状、材質によって荷重が変わります。

最初の2つはあらゆる方向に作用しますが
(水平力等)下の3つは垂直方向にかかります。(鉛直荷重)

力とは静止している物体を動かしたり、変形させようとする作用の事です。
物が静止していることは「バランスが取れている状態」です。

自然災害に対してしっかり準備してバランスを保ちましょう。



このページの上部に戻る

  • カテゴリ

  • 最近の記事

  • バックナンバー