岡山・倉敷・笠岡方面で注文住宅、新築、一戸建てなら「株式会社ひのき住宅」にお任せください! 土地探しから、マイホームづくりをサポートいたします。

株式会社 ひのき住宅
住まいのことは何でもご相談ください 0120-300-344
家づくりの資料請求をする

更新情報・お知らせ

岡住

ひのき住宅 Facebook

ひのき住宅 Instagram

ひのき住宅 ブログ

ひのきコラム|ひのきのここがきになる

ひのき住宅の社員がつづるコラムです。日常生活から倉敷のイベント・お店まで身近な話題をつづっています。


今週末のイベント情報!

2018年06月01日

いつも、見てくれてありがとうございます!

今週末の2日(土)・3日(日)のイベント情報をお届け!

倉敷市二子でお客様の家、完成見学会を開催いたします!
松下北交差点から約500m程の場所になります。

お客様のご厚意で実現した、見所満載!こだわりのお家です!
ぜひ、この機会にお越しください!

ご見学のご予約は(086-421-0025)まで、
お気軽にお電話ください。

blog_20180601.jpg

※ 写真をクリックでPDFが開きます。




ALTAパース

2018年05月31日

こんにちは
やっと4月で2年目になりました三島です。

最近の物件では
凹凸のある外観や造作の棚などをされる
お客様が増えてきました。

同時に図面だけではわからない、想像しにくい
っといった意見を言われることも増えました。

そんなご意見に対応するため
外観や造作棚のイメージがある程度固まると
ひのき住宅では外壁メーカーパースのほかに
ALTAというソフトでCGイメージパースを作る事ができます。

blog_20180531 (2).jpg

blog_20180531 (1).jpg

※物によっては再現が難しいものもあります。
あくまでお客様にイメージして頂くためのものですのでご了承ください

ひのき住宅では社内でALTA勉強会などを開き日々スキルアップを
目指しております。




上棟

2018年05月11日

先日H様邸の上棟をさせていただきました。

blog_20180511_1.jpg

blog_20180511_2.jpg

blog_20180511_3.jpg

おめでとうございます。
天気も良く無事に完了しました。




上棟とこいのぼり

2018年05月03日

先日、上棟の見学に行ってきました。

blog_20180504.jpg

同時にお客様がこいのぼりを揚げていました。
リアルに屋根より高いこいのぼりです(笑)

最近は見なくなりましたよね。

日本の古き伝統や習慣が色々な場面で薄れつつあります。
日本人としては大事にしていきたいですよね。
木造建築に関わっていますと、
地鎮祭や上棟式、大安吉日、三隣亡など
日本独自(多分)の風習や文化に必然的に関わってきます。

上棟式の二階には女人禁制、奇数人数制限とかあるのをご存知ですか?
所説、由来はあると思いますが...

つい先日巷を騒がせた土俵の女人禁制問題。
個人の見解ではこういう神事や慣習は賛成なのですが、
臨機応変に対応するってことはこの仕事をしてる上でも大切だと感じています。




お家のお手入れについて

2018年04月28日

こんにちは。設計部の行安です!

早いもので、4月からひのき住宅に勤続5年目になりました。
最近では、設計担当させていただいた、
お客様の引き渡し後の点検(アフター担当者と)に
立ち会わせていただける事もあります。
皆様、お家を綺麗に保って下さっていて、尊敬する限りです。
日々のお手入れは大変ですよね...という話をよくお聞きします。
ただ、お家の寿命を延ばすために実行していただきたいポイントをお書き致します。

blog_20180421_3.jpg

ここには飛んできたホコリ、花粉等が溜まりやすいので、
サッシの水抜き穴(サイドにあります)からゴミが出て、
気づいたときには、サッシ下の雨だれ汚れが大変な事になっているかもしれません。
ちなみに私の自宅はサッシの溝に猫の毛が詰まったケースもあり...反省しています...

blog_20180421_2.jpg

まず、敷地内には雨水マスと汚水マスがあります。
この違いは文字のままなので、割愛します。
今回は年に1・2件はアフターのTELがあります、キッチンの排水マスについて書きます。
TELに内容てしては、異臭がする、水が溢れる、水が詰まった等があります。
原因は油汚れになります、私たちが日々何気なく、
洗い流している、油汚れが蓄積されていき、このような困った事を引き起こします。
これに関しては水道屋さんも月に1度、マス内に表面の油汚れを取りましょう!
と推奨しています。

blog_20180421_1.jpg

また、排水系か←と思われた方もいるでしょう。
ここも何気なく見て見ぬフリしたい所ですが、
やはり飛んできた、木の葉、ホコリ、鳥のフン、洗濯物から出る糸クズなどが
溜まる事があります。
これを放置してしまうと最悪の場合、雨水が行き場を無くし、
室内側へ雨漏りするケースも考えられます。

上記の内容は、お客様がお家を環境により、お手入れ頻度は変わると思います。
なお、《そういえば、最近、掃除やってないなー》と思った方は、
ぜひ、お掃除を実行してみて下さいませ!



このページの上部に戻る

  • カテゴリ

  • 最近の記事

  • バックナンバー