岡山・倉敷・笠岡方面で注文住宅、新築、一戸建てなら「株式会社ひのき住宅」にお任せください! 土地探しから、マイホームづくりをサポートいたします。

株式会社 ひのき住宅
住まいのことは何でもご相談ください 0120-300-344
家づくりの資料請求をする

更新情報・お知らせ

岡住

ひのき住宅 Facebook

ひのき住宅 Instagram

ひのき住宅 社員ブログ

ひのきコラム|ひのきのここがきになる

ひのき住宅の社員がつづるコラムです。日常生活から倉敷のイベント・お店まで身近な話題をつづっています。

7-行安

お家のお手入れについて

2018年04月28日

こんにちは。設計部の行安です!

早いもので、4月からひのき住宅に勤続5年目になりました。
最近では、設計担当させていただいた、
お客様の引き渡し後の点検(アフター担当者と)に
立ち会わせていただける事もあります。
皆様、お家を綺麗に保って下さっていて、尊敬する限りです。
日々のお手入れは大変ですよね...という話をよくお聞きします。
ただ、お家の寿命を延ばすために実行していただきたいポイントをお書き致します。

blog_20180421_3.jpg

ここには飛んできたホコリ、花粉等が溜まりやすいので、
サッシの水抜き穴(サイドにあります)からゴミが出て、
気づいたときには、サッシ下の雨だれ汚れが大変な事になっているかもしれません。
ちなみに私の自宅はサッシの溝に猫の毛が詰まったケースもあり...反省しています...

blog_20180421_2.jpg

まず、敷地内には雨水マスと汚水マスがあります。
この違いは文字のままなので、割愛します。
今回は年に1・2件はアフターのTELがあります、キッチンの排水マスについて書きます。
TELに内容てしては、異臭がする、水が溢れる、水が詰まった等があります。
原因は油汚れになります、私たちが日々何気なく、
洗い流している、油汚れが蓄積されていき、このような困った事を引き起こします。
これに関しては水道屋さんも月に1度、マス内に表面の油汚れを取りましょう!
と推奨しています。

blog_20180421_1.jpg

また、排水系か←と思われた方もいるでしょう。
ここも何気なく見て見ぬフリしたい所ですが、
やはり飛んできた、木の葉、ホコリ、鳥のフン、洗濯物から出る糸クズなどが
溜まる事があります。
これを放置してしまうと最悪の場合、雨水が行き場を無くし、
室内側へ雨漏りするケースも考えられます。

上記の内容は、お客様がお家を環境により、お手入れ頻度は変わると思います。
なお、《そういえば、最近、掃除やってないなー》と思った方は、
ぜひ、お掃除を実行してみて下さいませ!




崖条例について

2018年01月26日

設計部の行安です。
今日は簡単に『崖条例について』書きます。


崖条例とは、簡単に言うと、崖が崩れるかもしれないので、
安全のために崖から離して家を建てましょう!という条例です。


条例なので、地域によって微妙に条文や細かい数字・緩和規定などが違いますので、あくまでもここの書いていますのは、岡山県の場合です。


建築物等の制限に関する条例第3条では、がけに近接する建築物について、以下の規制をしています。
居室を有する建築物を建築する場合は原則として、当該建築物を、2Mを超える高さのがけ(地表面が水平面に対して30度を超える角度をなす土地をいう。)の上に建築しようとするときにあってはがけの下端、5M以上の高さのがけの下に建築するときにあってはがけの上端から、当該建築物との間にそれぞれ当該がけの高さの2倍以上の水平距離を保たなければなりません。


と県ホームページにも記載があります。
ただし、場合に緩和規定もありますので、崩れる可能性が低いと認定等されると普通に建てる事もできます。


*これは家を建てる以前に土地を購入される場合も
ぜひ、崖条例を気にされる方が良いと思います。
もし、不動産売買の対象の土地が崖条例に該当する場合には
重要事項説明書の備考欄に崖条例の適用があること、そして
擁壁が必要な場合にはその旨mp記載し説明しなければならないのですが
万が一、聞き逃してしまうと後から、擁壁に数十万の費用がかかるかもしれません。


解説図も添付しますので、ご覧くださいませ。

●がけの影響範囲の解説図.pdf

●がけ認定基準(条例第3条第2項第四号の認定基準).pdf



サッシ〈窓〉について

2017年08月23日

こんにちは!
設計部の行安です。

最近、サッシのCMを目にする機会が多いですね。

突然ですが...新築後でお客様が
不満・気になる点で多いのはどういった点でしょうか?

blog_20170818_2.jpg

このような内容になります。
他にも冷暖房の効き・西日なども同様にあげられます。 

今回はその中でも結露について、書かせていただきます。

現在、ALLアルミサッシを使用した物件が多いのが
この結果に繋がっていると思います。

ちなみに私の実家も結露がひどい状態で...
一拭きで雑巾が絞れるぐらいです。
築30年以上です...。

現在のものは一昔よりはいい(アングル部分が樹脂のモノなど)ですが、やはり
結露は発生しています。

結露が発生するとダニやカビの温床になり、人体に悪影響を与えます。
また、結露(水分)が躯体(木部)を痛める原因の1つでもあります。

じゃあ,どうすればいいのか?
悩みを軽減してくれるのはハイブリットサッシ(アルミ樹脂複合窓)です。
もうよくご存じの方も多いと思いますが、改めて書きますね。
外部面がアルミ・内部面が樹脂の組み合わせの窓の事です。
ではなぜ、いいのかというとそれぞれの課題を解決するからです。

blog_20170818_1.jpg


新築をお考えの方はひのき住宅にご相談下さいませ。
ハイブリットサッシ(アルミ樹脂複合窓)を選択していただけます!

少しコストは上がりますが,ALL樹脂窓もメーカーおすすめです。



春休み

2017年04月23日

こんにちは。設計部の行安です。
タイトルでお分かりいただけるように...
3連休をいただき,春休みに行ってきました!

1日目は長野県松本市(岡山県で言うと倉敷)に
お城と街並みの散策してきました。

blog_20170422 (1).jpg

blog_20170422 (2).jpg

驚いたのは桜が満開だった事です!
お城では夜桜の見学ができ、また
和楽器の生演奏などもあり、素敵でした。

blog_20170422 (3).jpg




2日目は岐阜県下呂市に
下呂温泉に宿泊してきました。
のんびりした雰囲気なので、また
祖父母と行けたらなと思います。

3日目は岐阜県高山市(飛騨高山)に
散策に行ってきました!

こちらは出店が多数あり、食べ歩きが好きな方は必見です!!
飛騨牛コロッケ・串・まんなど美味しかったですよ。
また、駅も昨年、リニューアルされたようで
スタイリッシュな建物でした。

blog_20170422 (5).jpg

blog_20170422 (6).jpg



blog_20170422 (8).jpg

3日間ともに晴天に恵まれたので、清々しい気持ちで過ごせました!
私は電車で鈍行・特急・新幹線と乗り継いだのですが...
鈍行はおすすめ出来ません、各移動に2時間以上かかるので
腰が少し痛くなりました。


猫と冬休み

2017年01月06日

設計の行安です。

明けまして おめでとうございます。
本年もどうぞ宜しくお願い致します!


年末年始は、いかがお過ごしでしょうか。
行安は猫たちと、コタツ族になっておりました!

blog_20170106 (1).jpg

blog_20170106 (2).jpg

blog_20170106 (3).jpg

コタツから出たのは家族で凧あげをして!
子供たちより大人の方がはしゃいでいました。

糸をMAXまで飛ばす事ができましたー!

ちなみに2日後の筋肉痛もなく、一安心・・・(笑)

blog_20170106 (4).jpg

おみくじは小吉だったので、堅実に仕事に取り組んでいきたいと思います。

このページの上部に戻る

  • カテゴリ

  • 最近の記事

  • バックナンバー