岡山・倉敷・笠岡方面で注文住宅、新築、一戸建てなら「株式会社ひのき住宅」にお任せください! 土地探しから、マイホームづくりをサポートいたします。

株式会社 ひのき住宅
住まいのことは何でもご相談ください 0120-300-344
家づくりの資料請求をする

更新情報・お知らせ

岡住

ひのき住宅 Facebook

ひのき住宅 Instagram

ひのき住宅 社員ブログ

ひのきコラム|ひのきのここがきになる

ひのき住宅の社員がつづるコラムです。日常生活から倉敷のイベント・お店まで身近な話題をつづっています。

ALTAパース

2018年05月31日

こんにちは
やっと4月で2年目になりました三島です。

最近の物件では
凹凸のある外観や造作の棚などをされる
お客様が増えてきました。

同時に図面だけではわからない、想像しにくい
っといった意見を言われることも増えました。

そんなご意見に対応するため
外観や造作棚のイメージがある程度固まると
ひのき住宅では外壁メーカーパースのほかに
ALTAというソフトでCGイメージパースを作る事ができます。

blog_20180531 (2).jpg

blog_20180531 (1).jpg

※物によっては再現が難しいものもあります。
あくまでお客様にイメージして頂くためのものですのでご了承ください

ひのき住宅では社内でALTA勉強会などを開き日々スキルアップを
目指しております。




BBQ

2018年05月26日

こんにちは、工務の山田です。

5月13日に岡山市内の後楽園に程近い、
蓬莱橋北側の河川敷でBBQをしました。

blog_20180519.jpg

blog_20180519_2.jpg

お肉とBBQセットは近くの焼肉だるまさんから調達しました。

blog_20180519_3.jpg

このお肉は、北海道から取り寄せの
ジンギスカン4キロ、とても美味しかったです。

blog_20180519_4.jpg

blog_20180519_5.jpg

みんなもこの笑顔!! ごちそうさまでした。




最近の出来事

2018年05月18日

営業の太田です。

今回は、最近の出来事をご紹介をしたいと思います(^^)

blog_20180518.jpg

ダイエット大会、結果発表時の写真です。

ダイエット前の写真はひのき住宅HPスタッフ紹介と見比べてみてください(^^)

優勝者は写真を見て分かるように右から2番目の三宅君です。

blog_20180518_2.jpg

彼は追い込み時に、数日間断食をしたようです。
目つきがやばいです(^_^;) 

2位は写真右から3番目の内藤さん。
痩せすぎて、会う人会う人に病気の心配をされたようです。


blog_20180518_3.jpg

blog_20180518_4.jpg

こちらは新倉敷5丁目211-2移転オープン後のインコントロさんです。
ひのき住宅のみんなで食事会をさせていただきました!

blog_20180518_5.jpg

食事会での締めの挨拶はトークのエキスパート平田課長でした。
平田課長の挨拶にはいつも感心させられます!
そのうち講演会とかすれば良いと思います。

blog_20180518_6.jpg

ついにA様邸上棟です!!
車2台収容できるガレージハウスです!

blog_20180518_7.jpg

大室専務と棟梁たちの打合せの模様です。

blog_20180518_8.jpg

A様!上棟おめでとうございます!!
お忙しいところ何度となくお打合せに来ていただき感謝致します!!

A様邸は9月初旬に完成見学会ををさせていただく予定です。

後日、詳しい内容をご案内いたします!(^^)!




上棟

2018年05月11日

先日H様邸の上棟をさせていただきました。

blog_20180511_1.jpg

blog_20180511_2.jpg

blog_20180511_3.jpg

おめでとうございます。
天気も良く無事に完了しました。




上棟とこいのぼり

2018年05月03日

先日、上棟の見学に行ってきました。

blog_20180504.jpg

同時にお客様がこいのぼりを揚げていました。
リアルに屋根より高いこいのぼりです(笑)

最近は見なくなりましたよね。

日本の古き伝統や習慣が色々な場面で薄れつつあります。
日本人としては大事にしていきたいですよね。
木造建築に関わっていますと、
地鎮祭や上棟式、大安吉日、三隣亡など
日本独自(多分)の風習や文化に必然的に関わってきます。

上棟式の二階には女人禁制、奇数人数制限とかあるのをご存知ですか?
所説、由来はあると思いますが...

つい先日巷を騒がせた土俵の女人禁制問題。
個人の見解ではこういう神事や慣習は賛成なのですが、
臨機応変に対応するってことはこの仕事をしてる上でも大切だと感じています。



このページの上部に戻る

  • カテゴリ

  • 最近の記事

  • バックナンバー