ひのきコラム|ひのきのここがきになる

ひのき住宅の社員がつづるコラムです。日常生活から倉敷のイベント・お店まで身近な話題をつづっています。


赤ちゃん

2017年05月25日

こんにちは小林です。

いとこの家族に赤ちゃんが生まれました。
手足が長かったです。
お父さんが背の高い方なので
似ているのかな?

上の子が妹の世話をしているのが
とても、可愛かったです。

これからの成長が楽しみですね。


お引き渡し

2017年05月22日

こんにちわ!
営業の増田です。

blog_201705091.jpg

先日、完成見学会をさせていただきました
連島のお宅をお引渡しさせていただきました。

S様マイホーム生活はいかがですか?
お打合せ等大変だったとは思いますが、この日を迎えられて本当に良かったです。
この家で、これから家族の色々な思い出作りをしていってください!
これからも長いお付き合い宜しくお願いいたします!!!!

blog_201705092.jpg

T様との打合せ中のお子様の様子☆
本社2階ショールーム(キッズコーナー)

T様ご家族はこれから建物着工予定ですので、
只今詳細仕様決めを行っています。
色々決断していただくことも多く、大変だとは思いますが、
一緒に理想のマイホームを造り上げましょう!!!


2×4(枠組壁工法)の紹介

2017年05月19日

こんにちは、山田です。
今回は2×4(枠組壁工法)の紹介をします。

枠組壁工法は、その名称が示すように、木造の枠組材(パネル)に
構造用合板などの面材を緊結して壁と床を作り、
剛性の高い壁式の構造を形成する工法です。



パネル状(壁用)で運ばれてきます。

blog_20170519 (1).jpg

これは、床用のパネルです。







1枚づつ緊結して組立ます。
斜めに取り付けてあるのは仮の筋かいになります。
これは何のためにあるのか。

それは、いくらパネルどうしを緊結しているとしても、万が一パネルが倒れる
可能性があるので安全のためにします。



床用パネルも1枚づつ組立てます。
1つ前の写真は2階部分の上のパネルです。
1階と2階の間にも床用パネルが見えます。
あとで構造用合板はもちろん張ります。安心して下さい。

10.jpg

あとは、屋根部分も1枚づつ組立てて屋根の下地材を貼って
棟上げは完成になります。
2×4の棟上げの一連の流れが何となく知ってもらえたでしょうか?



工務の現場から2

2017年05月14日

【工務の現場から】



前回の【工務の現場から】に続いて金物の紹介です。



今回は、リベロⅡです。

リベロⅡとは筋交いを固定する金物です。

横架材から離れた位置で筋交いを固定できるので他の金物との干渉を

軽減できる様になっています。



blog_20170507_1.jpg



blog_170515n.jpg



他にも色々な金物を使用しているので、

現場に行った時には気にして見てください。




工務の現場から

2017年05月11日

【工務の現場から】



在来軸組工法で建てたときの金物を一部紹介します。

今回はスモールコーナーです。



blog_20170507_a.jpg





blog_20170507_c.jpg



この金物は柱と横架材の接合に使います。

ビスも使う場所によって使い分けています。

ビスの色で使用する場所が分かるようになっているので現場でも

間違えにくくなっています。



このページの上部に戻る

更新情報・お知らせ

岡住情報センター

岡住